So-net無料ブログ作成
ロンドンオリンピック ブログトップ

平岡拓晃 ロンドンオリンピック 柔道 [ロンドンオリンピック]

平岡拓晃

ロンドンオリンピックの柔道男子60㎏級の選手です。


初日に出場する平岡拓晃は、
あの五輪3連覇を果たした野村忠宏の後継者と言われて言われた男です。

しかし、前回の北京五輪では、初戦敗退で大きな非難を浴びました。

無名のアメリカ選手に初戦で敗れたわけですから、仕方ないでしょうが、
その時の体調は万全ではなかったといいます。

ただ今回、調整も順調で体調は問題ないようで、好調をアピールしています。

今回のロンドンオリンピックではぜひ雪辱を果たしたい事でしょう。


初戦に出場する平岡拓晃の役割は重要です。

最初にメダルを獲得することになれば、後に続く選手に勢いがつきますね。

しかも他の6選手は、五輪初出場なので、この平岡拓晃の影響は大きいと思います。


このクラスは、ウズベキスタンのソビロフが1歩リードしています。

北京五輪銅メダリストで、世界選手権を2連覇しているのですから、
実績もダントツですね。


そのソビロフの特徴は「負けない柔道」です。

オールラウンドプレイヤーで、粘っこい柔道をします。

逆に、平岡拓晃はトリッキーな柔道をします。

ハマれば一発の魅力はありますが、安定性に欠けている部分もあります。

何とかいいいいロンドンオリンピックのメダルを獲得してほしいですね。

射撃 松田知幸 ロンドン [ロンドンオリンピック]

松田知幸

ロンドンオリンピックの射撃、男子10mと50mのエアピストルでメダル候補の選手です。


日本人金メダル第1号の可能性があります。

どちらかというと、10mより50mの方がメダルの可能性があります。


射撃って、あまりなじみがないですよね。

エアピストルって何?と思う人も多いと思います。

でもこの松田知幸という選手、実績は申し分ないんです。

2010年のドイツ・ミュンヘンで行われた世界選手権で2冠を達成しているんです。

そして日本のロンドンオリンピック内定選手第1号になっているんですよ。

そして、今回のロンドンオリンピックと同じ舞台で行われた
今年4月のワールドカップでは、50mで見事金メダルを獲得しています。

その予選では、10点満点を18連発する離れ業をやってのけています。


5月に行われた直近のワールドカップ・ミュンヘン大会では28位と成績が振るいませんでしたが、
調子は悪くないようです。

その後、ブルガリアで調整も行っているようです。


その松田知幸にはある傾向があります。

それは、同じ射場で何度も金メダルを取る傾向があるのです。

ということは、
4月のワールドカップ・ロンドン大会で優勝しているので、
今回も再び金メダルを獲得する可能性が高いということですね^^

この射撃という競技、何が重要かというと
それは「集中力」です。

トップレベルの選手となると、技術はそれほど変わりません。

集中力をいかに持続できるかということがカギになってくるんですね。

あとは、「風」を読む力も重要なんですね。


「松田知幸」という名前覚えておいてくださいね。

新たな国民的ヒーローになる可能性を秘めているんですからね。

福見友子 可愛い [ロンドンオリンピック]

福見友子ってけっこう可愛い顔してますよね^^

って言ってる場合じゃないですよね。

ロンドンオリンピックの日本女子柔道、まず最初に金メダルをとってくれるのではないかと期待しています。

数年前までは、女子48㎏級といえば、谷亮子の独壇場でした。

その谷亮子に勝ちながら、実績と経験を考慮され、
前回のオリンピックは出場を逃しました。

その谷引退の後は、この福見友子の時代が来るものと誰もが思っていたでしょう。

ルックスも可愛いし、精神力は強い。

スターになるには十分でした。

そこに現れたのが、浅見八瑠奈だ。

その浅見と福見友子のロンドンオリンピック代表争いは、拮抗状態にありました。

5月の選抜体重別選手権の決勝で両社が対決し、
勝った方がオリンピック代表、という図式でした。

しかし始まってみると、なんと浅見は1回戦敗退。

ランキング55位の岡本理帆に敗れてしまったのです。


浅見の分まで、福見は頑張らなければばらない。

ライバルの外国人選手を見渡しても、順当にいけば福見友子の金メダルは硬いだろう。


ちなみに福見友子のプロフィールを紹介しておこう。

1985年6月26日の27歳

現在は、了徳寺学園職員

2歳の時に父親を亡くし、8歳の時に柔道を始めた。

2007年の全日本選抜柔道体重別選手権大会48kg級の決勝で、
谷亮子と対戦し勝利、初優勝を果たした。

しかし北京オリンピックの出場はならなかった。


そして、今回のロンドンオリンピック。

初の代表で出場する福見友子の頭には、金メダルしかないだろう。

可愛い顔とは別の強い精神力で、ぜひ表彰台の頂点に立ってほしい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
ロンドンオリンピック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。