So-net無料ブログ作成

t.freeとは [経済]

「t.free」をご存知ですか?

まず何と読むか?

「ティーフリー」?

正式には、「テザーフリー」が正解でしょう。

簡単に言ってしまうと、iPhone経由でMacパソコンがインターネット接続できるというサービスです。

いわゆる「テザリング」ですね。

アンドロイド端末では、最近はこの「テザリング」機能を搭載したモデルが増えてきました。

それに遅れを取らないようにと、アップルも仕掛けてきたのですね。

このサービスを7月20日、コネクトフリーが開始したのです。

この「t.free」
iPhoneに専用のアプリをインストールする必要は有りません。

さらに料金は無料です。


iPhoneユーザーは、今まで外出先でインターネット接続をしたい場合、
公衆無線LAN設備のある場所に行ったり、
Wi-Fiルータールーターを使ったりしなければいけなかった。

それが、「t.free」を使用すれば、iPhoneが1台あれば可能になります。

これは画期的ですね。

iPhone5の発売もうわさされる中、
この「t.free」というサービスは売上に大きく影響してきそうですね。


コネクトフリーによると、最初の1ヶ月間は試用期間とするらしい。

当初は、MACからのテザリング利用に限定するようにしていたらしいが、
Windows向けのサービスも検討しているらしいので、
大きく普及する可能性が有りますね。


アンギラ・モザンビカ うなぎ [経済]

アンギラ・モザンビカ 
ご存知ですか?

アフリカ産のウナギの名前です。

今、日本国産のウナギ枯渇の問題で、価格が急騰しています。

特にこれからの季節、
スタミナ源としてウナギを食べている人も多いですよね。

私もウナギは大好きです。

そんな中、アフリカ産のウナギを本格輸入するといいます。

その名前が、「アンギラ・モザンビカ」です。


日本鰻輸入組合(東京都)によると本格的に輸入するのは初めてとのこと。

輸入元は、バイクや楽器の部品などを扱う「昭栄商会」。


輸入先はアジアも視野に入れていましたが、どこも高価格。

そこで探し出したのが、
ヨーロッパ向けにアンギラ・モザンビカを養殖している
アフリカのマダガスカル。

日本でも、「アンギラ・ジャポニカ」という種類のものが食べられているようですが、
種類は違いますが、フランス料理でよく使われているそうです。


オーストラリア南東のタスマニア島で取れる天然ウナギも注目されていますね。


土用の丑の日が近い中
アンギラ・モザンビカは救世主になれるのでしょうか?


今年は、吉野家やすき屋でしかウナギを食べられないのかなー^^:



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。